古谷信男
  白い器へのこだわり

私は、信楽の窯元の家に生まれ、子どもの頃から土に触れて暮らしてまいりまし

たが、焼物を作るようになってからは、
温かみのある土味をだすために、自分な

りの土を作るように
なりました。

 柔らかさを表わすために、土味を主張するため
にと、今では、いくつかの異な

る土地のものを信楽の土に加えています。そして、私は、どのような料理も引き

立て、し
かも、自由に、おおらかに使うことのできる「白」が好きなのですが、

その「白」のために、このような土で作った素地
に白泥で化粧がけし、薄く釉薬

をかけて焼き上げます。これ
が、粉引きと呼ばれるものです。同じ「白」であっ

ても、焼
くたびにいろいろな表情を出すもので、の下から優しく素朴な土味

がにじみでてくるところが、永く粉引きにひかれ
る理由のようです。

 この器の持つ温かさを、使うことによっ
て五感で感じ、生活のなかで楽しんで

いただけたら、なによ
りもうれしく思います。


        

1950年、信楽生まれ。信楽工業高校窯業科卒業。県立窯業試験

場にて研修を終了。1991年、世界陶芸際食器部門最優秀賞受賞。

信楽陶器際食器部門最優秀賞受賞。その他、朝日陶芸展出品。神戸、

東京などにて、個展、グループ展、多数。

古谷信男商品一覧へ
TOP
お問い合わせ ・ info@mukasiya.com
営業時間のご案内・ご注文方法
お支払い方法先払い)銀行振込・代引き
送料・5250円以上送料無料!(一部地域を除く)